名古屋安達学園 校友会 名古屋デザイナー学院 名古屋ビジュアルアーツ 名古屋スクール・オブ・ビジネス 名古屋観光専門学校の4学校からなる同窓会組織です

6月17日(金)18時30分より2号館(名古屋スクール・オブ・ビジネス)601教室にて「総会及び代表役員幹事会」が開催され、発表された内容をお知らせします。

名古屋安達学園4校合同学園祭

開催日

:平成27年10月30日(金)〜31日(土)

開催場所

:各校

参加人数

:622名

平成26年度より学校祭に関して、4校実施が実現し、本年度開催では、校友会として、「今の母校を知る機会」を創り、卒業生と母校との人的繋がり・共創的動きに発展させていくため、10, 000名(各校2,500名)を抽出し、 「ホームカミングデー」として、実施告知しました。
在校生と卒業生との交流等を深めることができ、有意義な2日間となりました。

「卒業・進級制作展」

開催日

:平成28年2月26日(金)〜3月1日(火)

開催場所

:名古屋デザイナー学院

来場人数

:312名

平成22年3月卒〜平成27年3月卒のおよそ1,500名に告知。来校時には、近況含め、情報取集を行いました。
次年度以降、卒業生においても、作品展示の場を提供し、作品発表・発信していきたいと考えています。

名古屋スクール・オブ・ビジネス 同総会の実施

開催日時

:平成28年3月24日(木)18:00〜20:00

開催場所

:名古屋クレストンホテル The Banquet

総出席人数

:240名(卒業生:176名、歴代講師:12名、来賓企業:2社、職員・関係者:50名)

世代を超えた卒業生間の交流を始め、歴代講師・恩師から現教職員まで集う中で、卒業生の近況を知ることができただけではなく、卒業生同士の情報交換の場になりました。
同窓会においては、過去2回開催は、土曜日設定をしてきましたが、業界動向にて、平日開催リクエストのため、平日開催に至りました。
また、名古屋スクール・オブ・ビジネスの卒業後の状態を把握することで、今後の教育プログラムの編成に反映しつつ、校友会としても支援し、学校として卒業生の活躍する姿を広く周知していきたいと考えています。

卒業生との協働について

名古屋ビジュアルアーツ

開催日時

:平成28年3月24(木)〜31(木) 

開催場所

:東京アーツギャラリー

新鋭気鋭の写真作家が多く個展を開催する場所において、東京地区で活動する卒業生と共に、平成28年3月卒の写真学科生と写真展を開催。
国内・海外より作品評価を得られる機会となりました。

卒業生に対する協力支援

平成27年度系列 「フォトアワード2015」 
名古屋校卒業生 大賞:鶴崎 燃さん

ビジュアルアーツフォトアワードは、商業ベースに乗りにくい優れた写真作品に光を当て、現在から未来へ向けてのメッセージとして「写真集」の形で長く後世に残すことを目的に創設されました。
この度、ビジュアルアーツフォトアワード2015の大賞を卒業生(平成15年3月卒)の鶴崎燃さんが受賞されました。大賞受賞に伴い、写真業界団体等への発信の支援をしました。

奨学生制度状況について(在校生)

「経済支援」支出

名古屋デザイナー学院

5名

¥50,000

支給対象者

4名

¥100,000

支給対象者

1名

名古屋ビジュアルアーツ

4名

¥50,000

支給対象者

1名

¥100,000

支給対象者

1名

¥200,000

支給対象者

2名

名古屋スクール・オブ・ビジネス

1名

¥300,000

支給対象者

1名

名古屋観光専門学校

9名

¥50,000

支給対象者

2名

¥100,000

支給対象者

6名

¥150,000

支給対象者

1名

¥2,000,000

19名

「学業支援」支出

名古屋デザイナー学院

3名

¥50,000

支給対象者

3名

名古屋ビジュアルアーツ

4名

¥50,000

支給対象者

4名

名古屋スクール・オブ・ビジネス

1名

¥50,000

支給対象者

1名

名古屋観光専門学校

1名

¥50,000

支給対象者

1名

¥450,000

9名

平成27年度:校友会奨学生「在校生」奨学費 支出合計¥2,450,000 28名

福利厚生施設利用券等申込状況について

長島スパーランド

大人券

140枚

小学生券

23枚

幼児券

5枚

1.行事関連

・「校友会として、卒業生が集う場づくりを促進させ、来る50周年の大イベントに繋げていきたい」

名古屋デザイナー学院/名古屋ビジュアルアーツは、 平成28年度生(49期生)を迎えるにあたり、学園として、開校50周年イベントを実施予定。

  • ・同窓会の実施

    「名古屋観光専門学校 同窓会」:平成28年11月11日(金)予定

  • ・各校 卒業生交流・共同イベント等について

    卒業生間の交流を始め、在校生との共創イベント等を行う。

    4校学園祭 10月28日(金)・10月29日(土)

    卒業生に対し、実施案内のお知らせ葉書の郵送を検討(各校2,500名分程度検討)

    校友会ブースを設定予定(来訪者へ粗品贈呈・校友会活動等周知する機会を検討)

  • ・平成29年2月下旬〜3月初旬名古屋デザイナー学院 「卒業・進級制作展」

    卒業生枠を設け、作品発表の促進補助を行う。

  • ・平成29年2月〜3月実施予定 「卒業生協働写真展」の開催

    全国・海外で活躍する卒業生写真家と在校生との協働運営<V校:写真学科>

<新規事項>

  • ・クラブ活動の後援

    「キャナビスオーケストラ」 楽器購入・発表会予定の費用負担

    平成26年度より名古屋ビジュアルアーツと名古屋観光専門学校在校生・卒業生で構成され活動中。

2.校友会会員福利関連

福利に関する変更事項(継続)
平成24年度総会議決により、校友会として、「母校と校友会員との共生」をキーワードに学校を軸に会員と関わりある体制強化の推進する。
平成26年度議決:補助券等の個別による福利厚生から教育的交流の形態へ移行していく。
卒業生対象の教養・健康講座を示すが、実施に関しては、状況判断により検討する予定。

福利施設について

<テーマパーク等補助券関連:確認事項>(平成24年度より改訂実施)

補助券申請は、卒業会員にてHPによる申込みとする。

在校生は対象としない。
※在学時における教育支援に主幹を置くため。

平成28年度をもって、ナガシマリゾート補助券発行を廃止。

3.校友会奨学金制度関連

校友会奨学金制度「新入生」について
校友会会員の第2親等までに該当する方が、名古屋安達学園の姉妹校(名古屋デザイナー学院/名古屋ビジュアルアーツ/名古屋スクール・オブ・ビジネス/名古屋観光専門学校)に入学される際、入学出願時に申請いただき、認定された方に校友会奨学生として、奨学費を給付する制度。

(平成28年度実施要綱) 実施結果報告

・申請期間

:入学出願の時期

・審査

:校友会会員である確認

・給付額

:昼間部2年課程10万円 給付
夜間部1年課程 5万円 給付

・給付時期

:平成28年5月末日 振込入金にて支給

平成28年度生 すべて昼間部2年課程

申請者

名古屋デザイナー学院

2名

父→1名、姉→1名

名古屋ビジュアルアーツ

3名

父→1名、姉→1名、兄→1名

名古屋スクール・オブ・ビジネス

4名

父→2名、姉→1名、兄→1名

名古屋観光専門学校

3名

父→2名、姉→1名

合計

12名

 

平成28年度:校友会奨学生「新入生」奨学費 支出合計 ¥1,200,000 12名

校友会学費支援金制度「在校生」について
平成27年度同様に経済支援と学業支援の2本立てにて実施する予定。

【名誉会長】

安達 暁子

学校法人名古屋安達学園 理事長

【会長】敬称略

山崎 晃

名古屋デザイナー学院(旧東京デザイナー学院中日ビル校) 卒

【副会長】

亀崎 敏郎
渡辺 律子
鈴木 雅貴
柘植 一人

名古屋デザイナー学院(旧東京デザイナー学院名古屋校) 卒
名古屋ビジュアルアーツ(旧東京写真専門学校名古屋校) 卒
名古屋スクール・オブ・ビジネス卒
名古屋観光専門学校卒

【代表幹事】

小島 良平
吉田 和正
佐藤 直生
柴田 悠太

名古屋デザイナー学院 卒
名古屋ビジュアルアーツ 卒
名古屋スクール・オブ・ビジネス 卒
名古屋観光専門学校 卒

【副幹事】

山田 絵梨
伊藤 享時
島岡 杏奈
安藤 廷尉

名古屋デザイナー学院 卒
名古屋ビジュアルアーツ 映像学科長
名古屋スクール・オブ・ビジネス 卒
名古屋観光専門学校 卒

【監査】

安井 慎治・伊庭 宏治

【顧問】

天野 幸男

【事務局長】

山田 佳毅

【事務局主事】

中島 慶子

平成28年6月17日

↑上へ戻る

校友会に関するお問い合わせ:info@nag-koyukai.gr.jp


安達学園グループ 名古屋地区 校友会 Copyright (C) 2007 NAGOYA ADACHIGAKUIN. All rights Reserved.